登録・相談・応募も全て完全無料!
line LINEでお問い合わせ

【現役スカウトマン解説】キャバクラ・ラウンジでバックが貰えない時の対処法

トップページ > ブログ一覧 > 【現役スカウトマン解説】キャバクラ・ラウンジでバックが貰えない時の対処法

・給料やボーナスバックがちゃんと払われなくて困る…

・給料やバックが支払われない時の対処法は?

・しっかりと給料が支払われるお店を見極めたい!

この記事を読めば、お給料が支払われない場合でもしっかりとお金を請求する事が出来ます!!!

そして、お給料の支払いが滞るようなお店は出来るだけ早めに辞める事をおすすめします”(-“”-)”

そのようなお店を見分ける方法も解説致しますので、是非参考にしてみて下さい!

本記事の内容

  • 未払いを起こすお店のやり口
  • 給料やバックを払わないお店の特徴
  • 給料やバックが貰えない時の対処法
  • 給料やバックをしっかりと払ってくれるお店を探す方法

 

じゃあどうやって良いお店を探せばいいの??

そういった方は、ネット求人の無料相談サービスを使って、優良店を紹介してもらうのが一番オススメです。

例えばラウンジスチュワードの無料相談サービスでは、ネットから希望のお店を相談するだけで、あなたにとって最適なお店を無料で紹介してもらう事が出来たりします。

昔と違って最近ではこういったサービスも増えていますので、これを機会にどんどん活用していきましょう!

未払いを起こすお店のやり口

  • ドリンクや指名の成績を正確にカウントしていない
  • こちらが酔っぱらっている時に給料やバックが少ない
  • 辞められてもいいキャストに未払いを起こす
  • 辞める月には正確な給料を渡さない
  • お店が急に閉店する

これらは、給料やバックの未払いを起こすお店のやり口です。

心当たりがある方は、この記事を読んで注意して働いていただきたいです。

なんでこんな事をするの??

お店がこういった事をする原因としては、

①お店が給料を少なく渡す事で、安くキャストを雇いたい為

②給料を管理している人間が、お店に内緒で自分のお金にしている為

といった事が考えられます。

お店がわざと給料を少なく渡しているケースもありますが、

給料を渡している店長やボーイが、お店側には給料をちゃんと支払っている事にして、個人的にお金を盗んでいるケースも多いです。

この場合はお店側も未払いを把握しきれていないので、お店に愛想を尽かす前に、オーナーや社長等の現場にいない人間に相談する事も必要です。

それらを踏まえて、給料の未払いが起こるケースをご紹介致します。

ドリンクや指名の成績を正確にカウントしていない

夜のお店にはドリンクを飲んだ数や指名された数に応じて、バックが支払われるお店が多いですよね!

これらを正確にカウント出来ていないと、本来貰えるはずのバックが少なく払われる事があります。

間違えて多く貰えるのは嬉しいんだけどね(笑)

こういった事を防ぐためにも、ドリンクを飲んだ数や指名の本数をたびたびお店側に確認する事も大事です。

こちらが酔っぱらっている時に給料やバックが少ない

飲み屋さんで働いていると、頑張って飲み過ぎるて酔っぱらってしまう事もありますよね(^_^;)

そのような時は、キャスト側がお給料の額をしっかりと確認しないで受け取る事もしばしば…

それをお店側もわかっているので、キャストが酔っぱらっているタイミングを狙って給料を少なく渡すケースもあります。

しっかり頑張って仕事をしているのですから、しっかりとお給料は頂きたいものです”(-“”-)”

辞められてもいいキャストに未払いを起こす

貰えるはずのお給料が貰えなければ、不信感を持ってしまうのは当たり前です。

しかし、辞めてもお店にとって困らないキャストには、未払いを起こすという悪質なお店もあります。

働いた分のお給料はちゃんと支払う事が義務です。

そういったお店で働くのはこちらから願い下げですね(^^)

辞める月には正確な給料を渡さない

辞めてしまうキャストは、辞めればそのお店と関わる事が無くなる方がほとんどです。

こういった事から、最後の給料をある程度少なく渡したとしても、うまく誤魔化せると思うお店も存在します。

お店の人と会う事が無ければ、トラブルにもなりにくいしね…

辞めた後でも、給料が正確に支払われていない場合には指摘する権利があるので、納得がいかなければお店にちゃんと伝えましょう!

お店が急に閉店する

信じられない事ですが、夜のお店の中には、キャストに前もって報告をせずに、急な閉店をする事があります。

ぼったくりの飲み屋さんではよく聞くお話だね

急な閉店が起きてしまう事情は様々ですが、そうなった場合は未払いの給料を請求するのは非常に手間がかかります。

常識のあるお店ならばありえない事なので、こういった事を防ぐためにも、働くお店の見極めは非常に大事です。

給料やバックを払わないお店の特徴

  • 店側とキャストの仲が悪い
  • 店舗のHPが存在しない
  • 客層が悪い

これらの条件に当てはまるお店は以外に多く、それだけ夜の世界では悪質なお店が多い事が事実です。

少なくとも、これらに該当するお店は優良店ではないのでオススメできません”(-“”-)”

そして悪質なお店では、給料やバックをしっかりと支払われないといった事が起こります。

ネットでの情報体験入店から、悪質なお店かどうかを判断して、トラブルに巻き込まれるのを防ぎましょう!

店側とキャストの仲が悪い

店長やボーイに対してキャストの女性達が不信感を抱いていると、店側とキャストの仲が悪くなります。

その不信感の理由を考えてみましょう…

少なくとも、お店側がキャストになんらかの不満を抱かせる対応をしているという事です。

その理由がお給料に関する事である可能性も無きにしも非ず…

とにかく働いているキャストがお店に不信感を抱いているというのは、良い職場環境ではないのでオススメできません”(-“”-)”

店舗のHPが存在しない

優良店には必ずHPが存在しています。

オープンして間もないお店だとしても、HPを作って営業する準備を整えてから、お店をオープンするべきものです。

お店を成り立たせる努力を怠っているお店が、給料の未払い等の問題を引き起こすものです。

HPが存在しないお店の例として、ぼったくりのお店が挙げられます。

いつ閉店してもいいように、またはお店の存在を公に出来ない理由がある事から、HPを作っていないというお店もあります。

こういった事から、HPが無いお店には多少なりとも警戒するべきであると考えられます。

客層が悪い

悪質なお店には、質の悪いお客様が集まります…

なぜなら、人気の優良店は多くのお客様が遊びに来てくれる為、お客様を選べます(^^♪

なので優良店では遊び方の汚いお客様はお断りする事ができるのです!

やっぱり良いお店で働くのが一番だね…

その通りです!

一方人気の無い質の悪いお店には、他で煙たがられるようなお客様が集まりやすいので、そういったお店は客層が悪くなってしまいます。

もちろん遊び方が汚いお客様は、キャストの為にも断るべきなのですが、儲かっていないお店はお客様は選べませんよね…?

儲かっていないお店、キャストの事も考えずに悪質なお客様の接客をさせるお店、こういったお店は給料の未払いを起こす可能性が十分にあります。

客層の悪さは、こういった事に繋がるので、優良店で働く事は非常に重要です。

給料やバックが貰えない時の対処法

  • 社長やオーナー等の現場にいない人に相談する
  • 自分で給料や成績をメモする
  • 給与明細を毎回請求する
  • 内容証明を送り、労基に相談する

最後に、給料やバックが貰えない時の対処法を解説致します。

上に記載してあるものが対処法の例ですが、給料やバックが貰えないといっても、その額の大きさや、貰えない理由・状況が人によって違いますよね(^_^;)

それぞれの対処法を解説致しますので、それぞれの状況によって一番効果のある対処法をお伝えできればと思います。

是非最後までご覧になって下さい。

社長やオーナー等の現場にいない人に相談する

もっと給料(バック)が貰えると思ったのに、なぜか貰えなかった…

給料やバックが正確な額を支払われていない場合、

給料を管理している人間が、お店に内緒であなたの給料を中抜きしている事もあります。

そういった場合、社長やオーナー等の現場にいない人間は、未払いが起こっている事実を把握できていません。

なので、給料やバックの計算が間違っているかの確認を、現場にはいないお店の関係者の人達に相談してみましょう。

自分で給料や成績をメモする

いっぱいドリンク飲んだし指名もとったのに、バックこれだけ!?計算間違ってない!?

お店側も忙しいと、ドリンクや指名のカウントを間違えている事もあります。

なので、自分自身で成績をメモする、そしてお店がカウントしている成績を定期的に確認してみる事で、お店の計算間違いを指摘出来ます。

給与明細を毎回請求する

先月の給料これだけ…?もっと働いたはずなのに…そういえば先々月も…

自分が働いている時間や成績と、給料が合っていないと感じるのであれば、給与明細を毎回請求してください!

そうする事で、内訳を自分自身でも確認できますし、お店側も給料を正確に払う為の抑止力となります。

内容証明を送り、労基に相談する

払う払うって言ってるのに、まともに給料を払ってくれない…

そうなった場合は、法的措置に入りましょう!

内容証明とは、郵便局で書類を送った際に、誰にどのような書類を送ったのかを証明ができる、郵便局の制度です。

この内容証明を使って、

「私は〇日~〇日まで働いたのですが、計〇〇円の給料が支払われておりませんので、要求致します。」

といった郵便を送りましょう。

この時に、タイムカードや給与明細等の、支払われるはずの給料を証明できるものがあればなお良いです。

この内容証明の制度を使えば、お店に未払いの給料を請求している法的な証明になります。

それでも未払いが続く場合は、労働基準監督署に未払いの事実を相談しに行ってください。

そこで、内容証明を送っている事を伝えれば、話をスムーズに進める事ができます。

後は行政処分が起きるかどうかですね”(-“”-)”

給料やバックをしっかりと払ってくれるお店を探す方法

ここまで給料やバックが貰えない時の対処法を解説致しましたが、理想としては、優良店に入る事がベストです(*^-^*)

じゃあどうやって優良店を探すの?

最近では、ネットでの求人サイトが豊富にありますよ!

例えばラウンジスチュワードでは、ネット相談で、あなたにあったベストなお店を紹介してくれるサービスを提供しております。

しかも無料です!!

ストレスがたまるお店で働くぐらいなら、相談だけでもしてみてはいかがでしょうか?

ラウンジで働くことに興味がある方はラウンジスチュワードに無料で相談してみましょう!

専属のスチュワード(店舗面接や相談をサポートします)が徹底的にサポートしてくれます!